Barbed Wire and Cherry Blossoms · 鉄条網と桜

Barbed Wire and Cherry Blossoms · 鉄条網と桜

by Anita Heiss
published 2024
Ligature finest
genre Historical Fiction · Literary Fiction · Romance

e-book · $11.99Coming soon

print + e-book · $29.99Coming soon


Amazon.com.au.uk.caiBooksKobo


A story about a love that transcends all boundaries, from one of Australia's best loved authors—in a new Japanese translation by Noriko Oka with Professor Donna Weeks.

In August 1944, over 1000 Japanese soldiers break out of their prison compound on the fringes of Cowra. Many are killed or recaptured, and some take their own lives. But one soldier, Hiroshi, manages to escape. At a nearby Aboriginal mission, Banjo Williams discovers Hiroshi, distraught and on the run, and he and his fellow townsfolk offer him refuge. Banjo's daughter Mary is intrigued by the softly-spoken stranger, and charged with his care. Love blossoms between them, and they each dream of a future together. But how long can Hiroshi be hidden safely and their bond kept a secret?

オーストラリアが誇る人気作家が贈る、数々の困難を超えて紡がれる恋の物話。

終戦の前年、一九四四年八月、カウラの郊外にあった捕虜収容所から数百人もの日本兵が脱走する事件が起きた。この脱走事件は実際に起きたことである。

多くが銃に倒れて命を落とし、脱走に失敗した者は捕まった。自らの命を断つ者も出たできごとだった。
物語冒頭、宏という日本兵が収容所からの脱走に成功する。

町の近くのアボリジナルの保護区に住むバンジョー・ウイリアムズが、脱走事件の翌朝、やっとのことで逃げこんできた宏を見つけ、保護区の仲間達と一緒に彼を匿うことを決める。バンジョーの長女メアリーは、この穏やかな話し方をする見知らぬ日本兵の世話をするうちに、彼に興味を持つようになってゆく。やがて二人は惹かれ合うようになり、結婚したらどんな暮らしになるだろうとそれぞれの想いを膨らませる。

しかし、いったいいつまで宏を内緒で匿い続けることができるのだろうか。そして二人の密かな結びつきの行方は・・?